未経験の女の子必見!? キャバクラ面接のHOWTO(まるっと教えます!!)

7/4 12:00

キャバクラで働いてみたいけど、面接ってどんな感じ? 未経験だから、何を持っていけばいいのかわからない・・・ そんなお悩み&疑問にお答えします。

どっきどきの面接。
緊張して自分の事をちゃんとアピールできなかった・・・なんてならないように、しっかり備えましょう

キャバクラでのお仕事経験はありますか?
未経験者大歓迎と求人に記載されていても、やっぱり経験者のほうが採用率がグンと上がります。
経験者は前店での実績がわかるモノを用意しておくと、優遇されることもある!
経験がなくても、面接で明るく・笑顔で貴女のやる気をアピールしよう!

キャバクラの仕事を選んだ理由は?
もちろん"時給が高いから"という目的もOK!
出来ればお金が必要な理由・・・
"学費を貯めたい・資格を取る資金が欲しい・将来自分のお店を持ちたい"などなど
明確な目的があると面接官に貴女の本気度が伝わりやすいぞ!

希望の勤務日数・勤務時間は?
キャスト募集=もっと人手が欲しいってこと!
たくさん出勤可能な女の子は採用率UP!
週に1~2日・短時間勤務希望・休日は出勤不可などなど。
勤務日を限定すると、印象も採用の可能性もDOWN!

どれぐらいのお給料を希望しますか?
希望の額を伝える際に、控えめ過ぎても高額すぎてもNG!
キャバクラで働くからには、みんなたくさんお給料が欲しいはず。
"これくらいは稼ぎたい!"という貴女の意欲をみせましょう!

お酒は飲めますか?
キャバクラの仕事をするうえで、お酒が飲める・強いというのはかなりの強みになります!
ですが飲めないのなら飲めないということを、正直に面接官に伝えましょう。
そしてお酒が飲めないことをカバーできるような、貴女のセールスポイントをPUSH!

キャバクラのお仕事を始めるなら、お給料だけでなく、お店・女の子の雰囲気も気になりますよね?
面接後に体験入店が出来るお店も多いので、準備をしておきましょう!


・身分証明書(顔写真付き)
・住民票/履歴書

面接に向かう際、絶対に忘れていけないのが"身分証明書"です。
キャバクラの面接は、18歳以上&高校生ではないことを証明しないといけない為
"顔写真付きの身分証明書(パスポート・運転免許証・マイナンバーカード)"が必須!
忘れると面接も体験入店もできないぞ!

ハンカチ
お客様のグラスの水滴を拭く為のマストアイテム!
ドレスの丈が短い時に、パンチら防止に太ももの上に乗せることも。
タオル地が拭きやすいけど、清潔感・高級感の出るブランドハンカチを用意するべし!

ドレス・ヒール・ヌーブラ
多くのお店でレンタルが用意されています。
ですが、自分に合うサイズがなかったり、デザインが古かったり、いろんな人が試用しているので体臭や香水が染みついていることも・・・
今後キャバクラで働くつもりなら、あらかじめ自分の気に入るドレスを1着持っているといいかも!

ポーチ
ハンカチ・名刺・ライター・リップなどを入れるのに必要!
普段使ってるポーチよりも、小さめのクラッチバクなどが使い勝手GOOD!
大きいモノだと席を移動する際に邪魔になるのでオススメできません。

名刺入れ
体験入店のときは、店名が記載されていて自分の名刺をセルフで書くタイプの"空名刺"を使用します。
通常貸出はないので、自分で用意して持っていくと便利ですよ!
せっかく購入するなら華やかなモノを!

メイク道具
会話やお酒を飲んだりすると、必ず口紅やグロスが取れてしまいます。
こまめに化粧直しをして、魅力的な自分の姿でお客様の前に出られるようにメイク道具は必須です。

ストッキング
網タイツ・黒タイツや派手な柄物はお店によってNGな場合もあるので、普通のベージュストッキングを持っていくべし!
伝線してしまった時用の、予備ストッキングも持っていくと安心です!

キャバクラのお仕事は"接客業"
いくら顔が可愛くてスタイルがよくても、愛想がよくない女の子や暗い女の子はお客様を捕まえられません。
面接では、笑顔・元気・明るく・敬語で"愛嬌"を振りまいて!
椅子に座る時には、足組み・腕組み・寄りかかりはNG!
面接中のだらしない態度・姿勢は面接官にやる気が伝わりません。
その他にも男ウケのいい恰好・いつもより華やかなメイク・最低限のマナー、細かいところまでぬかりなく気を付ける事で、採用確定間違いナシかも!?


関連記事


まとめ一覧