福岡

【地域別】キャバクラの平均時給を調査💸給料システムも解説

12/15 13:36

ネット上のキャバクラ時給相場の情報って「時給○○円~○○円」みたいに幅があって参考にならなくないですか? 本当に使える情報を提供するため、全国5都市の実際の求人データを集計してみました! また、少し複雑なキャバクラの給料システムやバック制度、お給料から天引きされるものについても解説しています!

キャバクラのお仕事を探している方のいちばんの目的は「高収入」でしょう。
ネットで調べてみると、キャバクラの時給の相場は2,000円~5,000円くらいだそうです。

「3,000円も幅があったら全然参考にならない!」

みなさんは今、こう思ったはずです。

この記事では、ナイトワーク専門の求人媒体である当サイト『アルバイトナイツ』が実際の求人データを集めて、全国5都市(北海道、東京、愛知、大阪、福岡)の繁華街の平均本入・体入時給を調べてみました!

他のお仕事よりも複雑な給料システムや、実際に手元に入ってくる金額=手取り額をイメージするうえで大切な「バック制度」や給料から天引きされる「引かれもの」についても併せて解説しています。

本当に使える情報になっていますので、ぜひチェックしていってくださいね。

この記事を読むとわかること

キャバクラの給料システムについて

「時給○○円~○○円くらい」ではない、しっかりとした平均時給

あなたの周りでいちばん稼げる地域

地域ごとのお店の特徴やメインの客層

手取り額のだいたいのイメージ

なお、集計に使用したデータは2022年12月時点のものです。
また、ネット上に存在する全ての求人を集計しているわけではないので、実情とすこし異なる部分もあるかと思いますが、ご了承ください。

その他の地域でキャバクラのお仕事を探す方はコチラ

◆集計方法

時給に幅がある求人は下限の金額で計算
例)「時給2,000円~6,000円」とある場合は時給2,000円としてカウント

日給制で勤務時間が明記されていない求人は除外

バック等各種手当は計算に含めない

キャバクラの給料システムってどうなってるの?

先述のように、キャバクラの求人って時給に幅があるものが多いですよね。
実はこれ、応募者に嘘をついたり騙そうとしたりしているわけではなく、キャバクラの給料システム上仕方ない部分もあるんです。

ここでは、キャバクラの時給がどのようにして決まっているのかご紹介します。

売上スライド制

売上スライド制は、1ヵ月(2週間)の売上に応じて次の期間の時給が決まるシステムです。

例えば、スタート時給は3,000円で、売上が5万円を超えたら時給3,500円、売上10万円以上で時給4,000円……といった感じです。

結果を出せば出すほど時給が上がる夢があるシステムですが、逆に調子が悪いときには時給が下がってしまうリスクがあります。

また、売上スライド制では、たくさんのお客様の対応をしたとしても、お金を使ってもらえなければ時給は上がりません。
売上スライド制で稼ぐには、お客様にお金を使ってもらえる接客スキルを身に着ける必要があります。

ポイント制

ポイント制は、本指名は1ポイント、同伴は2ポイントといった形でポイントが設定されており、1ヵ月(2週間)のポイント獲得数によって時給が決まるシステムです。

ポイント制では、基本的に本指名の数が評価につながります。
つまり、大切なのは売上よりお客様の数。

たくさんのお客様の対応をするのは大変かもしれませんが、売上のことを心配せずに働けるのはうれしいポイントです。

固定時給制

固定時給制は、一般的なアルバイトと同様の一般的な時給制です。

売上や指名数など成績に関わらず、固定の金額がもらえるため、体験入店や初心者の時には固定時給制の場合がほとんどです。

基本的には入店して数か月で別の時給システムに代わってしまうので、それまでにお客さんを付けられるように頑張りましょう!

売上折半制

売上折半制は、売上の半分がお給料になるシステムです。
極端な話をすれば、100万円売上を出せれば1日しか出勤していなくても月給50万円ということ。

売上を出せる自信のある上級者向けのシステムです。

北海道ニュークラブの平均時給

北海道では、キャバクラのことを「ニュークラブ」と呼びます。北海道で「キャバクラ」というと別の種類のお店になってしまいます。
応募してから「思っていたのと違った……。」とならないように気を付けてくださいね。

北海道でキャバクラといえばやっぱりすすきの!
地元の方から出張中のサラリーマンまで多くの人で賑わうすすきのですが、お給料はどうなっているのでしょうか?

すすきのニュークラブの平均時給と特徴

すすきのニュークラブの平均時給は、4,322円です。

すすきのニュークラブの特徴は、本入時給と体入時給が同額のお店が多い点です。
体験入店から実際に働くのと同じお給料で働けるのはうれしいですね!
全体的に時給4,500円~4,500円の範囲に多くお店が集まっており、エリアの最高時給は5,000円でした。

すすきののニュークラブで働くいちばんのメリットは、安心感です。というのも、すすきのには、大手グループが経営しているお店が数多くあります。

キャバクラ業界って、やっぱり怖くて怪しいイメージが強いですよね……。
特に初心者の方は、「怖い人がいたらどうしよう」「お給料がちゃんと支払われなかったらどうしよう」と不安でいっぱいではないかと思います。

大手グループのお店はしっかりとした会社が経営しているため、安心して働くことができます。

すすきのニュークラブの求人を見てみる

東京キャバクラの平均時給

日本一の大都市・東京。
東京のキャバクラの特徴は、何と言っても高収入。
時給が高いだけでなくお客様も多いため、地方よりバックも稼ぎやすくなっています。

また、東京は様々なエリアにキャバクラがあり、エリアごとに特色も大きく異なっています。
希望の条件や働き方、性格に合わせて働く場所を選ぶことができるのも大きなメリットです。

今回は、その中でも特に規模の大きい六本木、銀座、歌舞伎町、渋谷、池袋のキャバクラ時給の相場を見ていきます。

六本木キャバクラの平均時給と特徴

六本木キャバクラの平均時給は、7,608円です。

リッチで華やかなイメージがある六本木は、やはりキャバクラの時給も高くなっているようです。
平均時給に関しては、今回集計したエリアの中で最も高い結果となりました。

日本の中でもトップクラスに稼げるのが六本木!とにかく稼ぎたいという方や上を目指してスキルアップしていきたいという方は、六本木でお仕事を探すのがおすすめです。

六本木キャバクラの求人を見てみる

銀座キャバクラの平均時給と特徴

銀座キャバクラの平均時給は、6,320円です。

高級感があり、大人の街の印象が強い銀座は、キャバクラの時給も比較的高めでした。
時給4,000円~8,000円の範囲に幅広くお店が分布しており、「時給はほどほどでもゆるく働きたい」、「たくさん働いてがっつり稼ぎたい」など、目的に合わせてお店を選ぶことができます。

また、大人の街の印象通り、客層が比較的落ち着いているのもポイントです。

銀座キャバクラの求人を見てみる

歌舞伎町キャバクラの平均時給と特徴

歌舞伎町キャバクラの平均時給は、6,266円です。

日本一のキャバクラ街といえば、新宿歌舞伎町の名前を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
「東京のキャバクラといえば歌舞伎町」というイメージが強いためお客様も多く、バックも稼ぎやすくなっています!

また、歌舞伎町には今回集計した中で最も時給が高いお店があり、その額はなんと15,000円!

いちばんボリュームがあるのは時給6,000円~7,000円のお店でしたが、2,000円~10,000円くらいまで、すべての範囲に幅広くお店が分布しています。
そのため、初心者の方から高収入を目指す経験者の方までが働きやすいエリアとなっております!

歌舞伎町キャバクラの求人を見てみる

渋谷キャバクラの平均時給と特徴

渋谷キャバクラの平均時給は、5,044円です。

渋谷のキャバクラは、残念ながら時給は他のエリアほど高くありません。
しかし、働きやすさでは東京でもトップクラスです。
ノルマやペナルティに縛られず、ゆるく働けるほか、客層も若めですので話もしやすいのではないでしょうか?

渋谷は店舗数が少なく競争率も低いため、バチバチとした雰囲気もなくゆったりと働けるエリアです。

渋谷キャバクラの求人を見てみる

池袋キャバクラの平均時給と特徴

池袋キャバクラの平均時給は、4,557円です。

池袋のキャバクラは、ゆるく働けるのが魅力です。
「ノルマなし」「厳しくない」という言葉が目立つ求人が多く、初心者の方や、空いた時間にさくっと稼ぎたいという方におすすめです。

高級店やショーがあるお店もあり、ガッツリ稼ぎたい方や、楽しく働きたい方にもおすすめです。

池袋キャバクラの求人を見てみる

名古屋(愛知)キャバクラの平均時給

続いては愛知県のキャバクラについて見ていきます。

愛知県でキャバクラといえば名古屋市栄駅近くの錦エリア。
錦3丁目、通称「錦3(きんさん)」には、数多くの夜のお店が立ち並んでおり、全国的に有名なお店も数多く存在しています。
未経験者にやさしいのも特徴で、人気店でスキルを身に着けていけば、トップクラスの収入を実現することが可能です。

錦キャバクラの平均時給と特徴

錦キャバクラの平均時給は、6,945円です。

錦キャバクラの特徴は、高級店が多いことです。
お客様が支払うお金が多いため、それに比例して時給も高めに設定されています。

「高級店だと採用基準も高いのでは?」と考える方もいらっしゃるかと思いますが、錦のお店には初心者歓迎のお店が多くなっています。

繁華街としての人気も高く全国的に有名なキャバ嬢さんも多く排出しているため、キャバクラデビュー~ベテランになるまで長く働き続けることができます!

錦キャバクラの求人を見てみる

大阪キャバクラ平均時給

続いて大阪のキャバクラについて見ていきましょう。

大阪の繁華街といえば、大阪駅周辺のエリア「キタ」と、難波・心斎橋周辺のエリア「ミナミ」でしょう。
この記事では、「キタ」の中でも高級キャバクラの多い北新地と、大阪の中でも特に人気の高いミナミのキャバクラの時給を見ていきます。

北新地キャバクラの平均時給と特徴

北新地キャバクラの平均時給は、7,019円です。

北新地は、上品で落ち着いた大人の街で、大人な女性の人気が高い傾向にあります。
時給に関しては4,000円~10,000円の範囲に幅広く分布しており、大阪の中でもトップクラスに稼げる地域となっています。

高級店が多い地域はお客様も上品で落ち着いた方が多い傾向があります。
客層の良さ=働きやすさですので、働きやすくて稼ぎやすい北新地は、特におすすめの地域となっています!

北新地キャバクラの求人を見てみる

ミナミキャバクラの平均時給と特徴

ミナミキャバクラの平均時給は、5,491円です。

大阪のもう一つの歓楽街が、難波や心斎橋周辺の「ミナミ」エリアです。
ミナミは北新地に比べて大衆向けのお店が多く、お客様の年齢も若めです。

ミナミのキャバクラは集客力が魅力です。
毎日たくさんのお客様の対応をすることになりますが、その分バックを稼ぐチャンスも多くなります

また、ミナミのキャバクラは、時給は少し落ちてしまいますが、未経験者のハードルが低いのが特徴です。
初心者の方、ノリの良さや明るさに自信がある方はミナミでお店選びをするのがおすすめです。

ミナミキャバクラの求人を見てみる

福岡キャバクラの平均時給

九州でキャバクラのお仕事をお探しの方は、東京や大阪に出ないと稼げないと思っていませんか?
実は、福岡には「日本5大繁華街」のひとつにも数えられるほどキャバクラで有名な、中洲があるんです!

続いて、中洲のキャバクラ時給を見ていきましょう!

中洲キャバクラの平均時給と特徴

中洲キャバクラの平均時給は、5,053円です。

中洲には有名グループのお店が多く、そのため時給も高くなっています。
大手グループ店はしっかりとした会社による経営なため、安心して働くことができるのも特徴です。

中洲の屋台街は全国的に有名なので、地元民だけでなく全国各地から観光客が集まっているのも稼ぎやすいポイントです!

中洲キャバクラの求人を見てみる

地域別キャバクラ平均時給の一覧表

最後に、もう一度各地域の平均時給をまとめておきます。

地域別キャバクラ平均時給
北海道
すすきの4,322円
東京
六本木7,608円
銀座6,320円
歌舞伎町6,266円
渋谷5,044円
池袋4,557円
愛知
名古屋6,945円
大阪
北新地7,019円
ミナミ5,491円
福岡
中洲5,053円

バック制度と引かれもの

ここまでキャバクラの時給について解説してきました。

でも、どれくらい稼げそうかを計算し始めるのはまだ早いですよ!
実はキャバクラには、成果を出した分だけ時給に+αで手当が貰えるシステムがあるんです。

また、キャバクラも、他のお仕事と同じように稼いだお金が全部手元に入ってくるわけではありません。
最後に、うれしい「バック制度」と、お給料から天引きされる、いわゆる「引かれもの」について解説していきます。

成果がお給料に反映される「バック制度」

キャバクラには、成果を出した分だけ時給に+αで手当がもらえる「バック制度」があります。

平均時給を見て、「思ったより夢がないのかも?」と思った方もいると思います。
実は、何百万も稼ぐような有名キャバ嬢は、このバックをたくさん貰っているんですね。

以下が、よくあるバックの一覧です。

よくあるバックの種類

本指名
入店時にお客様に指名されたとき。相場は1,000円~2,000円くらい。

場内指名
席に着いた後で指名されたとき。相場は500円~1,000円くらい。

同伴
出勤前にお客様と会ってから来店したとき。相場は2,000円~5,000円くらい。

ドリンク
お客様にドリンクをいただいたとき。相場はだいたい200円~300円くらい。

ボトル
本指名のお客様がボトルを注文したとき。相場は10%~30%まで、種類によってさまざま。

売上
本指名のお客様の使った金額の一部が貰える。お会計の金額の10%くらいが相場。

ボトルは1本の値段が高く、バック率も高いため、稼ぎたい方はボトルバックを狙っていくのがおすすめ!

お給料から天引きされる「引かれもの」

他のお仕事と同様に、キャバクラでも稼いだお金が全て手元に入るわけではありません。
お給料から天引きされるものを、夜のお仕事では「引かれもの」と言います。

以下が、よくある「引かれもの」の一覧です。

よくある引かれものの種類

源泉徴収(所得税)

稼いだ金額に応じて課される税金。
こればかりはどこで働いていても回避できません。

引かれるのはお給料の10%と法律で決まっています。

ヘアメイク代

お店でヘアメイクを利用するのにかかるお金。
1回500円~1,500円が相場です。

送り代

終業後にお店の車で家や最寄り駅まで送迎してくれる「送り」の利用代。
1回500円~3,000円くらいが相場。

走行距離によって料金変動する場合もあります。
少し高いですがタクシーよりはマシだと思いましょう。深夜は危ないので。

厚生費・雑費

お店の備品を購入するためのお金。
1回の出勤につき500円~1000円が相場です。

衣装代

衣装のレンタル代。
500円~1500円が相場です。

高時給に囚われすぎないで!

以上、全国5都市の繁華街のキャバクラの時給相場でした。
平均時給からバックシステム、天引きされるものまで解説してきましたが、だいたいどれくらい稼げそうなのかイメージがつきましたか?

また、一緒に働く人やバックの制度、お店の雰囲気など、あなたに合ったお店を見つけるのも大切です。
「時給だけでお店を決めてしまって長続きしない」となってしまっては元も子もないですからね。

たくさん稼ぐことも大切ですが、時給だけに囚われずにいいお店を見つけていってくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事


まとめ一覧