山形

【初心者ガイド】ガールズバーの仕事内容は?キャバクラとの違いも解説

11/21 15:19

「ガールズバーのお仕事に興味があるけど、キャバクラと何が違うの?」 「ガールズバーのバイトって危ないんじゃない?」 その疑問も不安も、5分で解決しちゃいます! ガールズバーのお仕事をお探しの悩めるあなたへ。 すべての不安を解消する、ガールズバーのおしごと入門記事です!

「ガールズバーって何をするところ?キャバクラとの違いがわからない」
「興味はあるんだけど、ガールズバーのバイトって怪しくて危ないイメージ……」

その疑問もお悩みも、ここで解決しちゃいます!
この記事は、「ガールズバーで働いてみたいけど勇気が出ない」というあなたに向けて、以下のことについて説明していきます。

この記事でわかること

ガールズバーの仕事内容

ガールズバーのお給料のシステム

ガールズバーとキャバクラの違い

ガールズバーで働くメリット・デメリット

ガールズバーって危ないの?

お仕事探しに役立つガールズバー用語

この記事を読めば、ガールズバーの求人探しはカンペキ。5分ほどで全部読めちゃうのでぜひ最後まで見ていってくださいね!

そんなことより早く求人を見てみたいという方はコチラ↓

アルバイトナイツでガールズバーの求人を見てみる

ガールズバーって何をするお店?

はじめに、そもそもガールズバーとはどういうお店なのかを説明していきます。

ガールズバーとは、キャストと呼ばれる女の子がお客様にドリンクを提供し、会話やカラオケを楽しむお店です。
ガールズバーで遊ぶには、60分○○円のセット料金というものを支払います。
相場はだいたい60分で2000~4000円くらいでしょうか。

セット料金を支払えば、基本的な飲み放題メニューと、お店によってはカラオケ歌い放題が利用できます。居酒屋で言うところの「飲み放題」みたいなものですね。
また、追加で料金を支払って女の子にドリンクをごちそうする事もできます。

ガールズバーのお仕事内容は?

先ほどの説明の通り、ガールズバーは女の子とお話をしながらお酒を飲むお店。
つまり、ガールズバーの基本的な業務は2つだけ!

  • ドリンクを提供すること
  • お客様とお話すること

流れとしては、お客様をお迎えしたら注文を聞き、楽しくお話をするのを繰り返すだけになります。
お客様のドリンクがなくなりそうだったら、追加の注文を聞いてあげましょう。

お客様に気に入ってもらえれば、ドリンクをごちそうして貰えるかも?

難しい作り方のお酒はありませんし、わからない場合はしっかりと教えてもらえますのでご安心くださいね。
専門的な知識や特別なスキルがなくても楽しく稼げちゃうのがガールズバーで働くことのメリットのひとつです!

お給料のシステムはどうなってるの?時給の相場は?

ガールズバーの時給相場

ガールズバーのお給料は、時給制で日払いのところが多いです。
時給の相場は1,200円~3,000円ほど。露出の多い衣装のお店はもう少し時給が高い傾向です。

さらに、ガールズバーでは時給にプラスして「バック」がついてきます。
バックとは、いわゆる「歩合給」のこと。
よくあるのが「ドリンクバック」で、担当しているお客様からドリンクをいただいたら、その金額の一部が時給とは別で貰えます。

がんばった分がしっかりとお金で返ってくるのはうれしいですし、モチベーションにつながりますよね!
バックの割合や金額はお店によって異なりますので、求人や面接で確認してみましょう!

お給料から引かれるもの

どんなお仕事でも、給料明細を見て「税金めちゃくちゃ取られてる……。」と落ち込むことはありますよね。
ガールズバーでも、ほかのお仕事と同じように、稼いだお金が全額手元に入ってくるわけではありません。

ここでは、ガールズバーのお給料から天引きされるものについて解説していきます。

所得税の源泉徴収

どこのお店で働いても、所得税の源泉徴収は必ずされてしまいます。
だいたい、総支給の10%を天引きするお店が多いです。

というのも、夜のお仕事をする人の源泉徴収額は「総支給額の10.21%」と法律で決まっているからです。

参考:国税庁HP

このことを知らない女の子をだまして、10%以上の源泉徴収をする悪質なお店もあるようです。
逆に、「うちは所得税を引かないよ」というお店も税金に無頓着なお店である可能性が高いです。

雑費

休憩中の飲み物やトイレットペーパーなど、お店の消耗品を購入するためのお金です。
出勤1回につき500円くらいが相場です。

クリーニング・衣装代

制服があるお店では、衣装やそのクリーニング代としてお給料から1日につき500円ほど引かれる場合があります。

送迎代

お店によっては、退勤後に最寄り駅やお家まで車で送り届けてくれることも。

まれに無料のお店もありますが、だいたいは1回につき500円~1,000円くらい引かれてしまいます。
お家までの距離によって金額が変動する場合もありますよ。

ガールズバーとキャバクラの4つの違い

あなたは、キャバクラとガールズバーの違いを説明できますか?
どちらもお酒を飲みながらお話をするイメージですが……。

ガールズバーのお仕事を探すなら知っておきたいキャバクラとの違いを、4つのポイントに分けて説明していきます。

接客方法が違う

ガールズバーとキャバクラの違いの1つめは、接客方法です。もっと細かく言えば、ガールズバーとキャバクラの接客では「お客様との位置関係」が異なっています。
キャバクラでは、基本的に女の子はお客様の隣に座ります。お客様との距離感も近いので、悪いお客様に当たってしまった場合は体に触れられてしまう可能性があります。

一方でガールズバーでは、お客様の対応は全てカウンター越し。
お客様との間に距離があるためボディタッチの心配がなく、「夜のお仕事には興味があるけどキャバクラはちょっと怖い」という方にはガールズバーがおすすめです!

ノルマがない

キャバクラは、売上や指名、同伴などノルマを設定しているお店も少なくありません。

しかし、ガールズバーは基本的にノルマなし
ノルマのために無理に出勤日数を増やしたり、常にプレッシャーを感じながらお仕事をする必要がないのでご安心くださいね。

お給料は安め

ガールズバーとキャバクラの2つめの違いはお給料です。
残念ながら、ガールズバーのお給料はキャバクラほど高くありません。

キャバクラの時給の相場は、だいたい4,000円~8,000円ほどです。
一方で、ガールズバーの時給は、だいたい1,500円~3,000円ほどとなっています。

服装が違う

ガールズバーとキャバクラの違い、3つめは服装の違いです。

キャバクラで働く方というと、綺麗なドレスを着て、ゴージャスな雰囲気のヘアセットをしているイメージがあるのではないでしょうか?

ガールズバーはキャバクラよりもラフな感じの服装で働くことができます。
完全に私服の場合もありますし、メイドやパジャマ、チャイナなど、コンセプトがあるお店に関しては衣装を着ながら働くこともあります。
コスプレに興味がある方は、衣装でお店を選んでみるのも面白いかもしれませんね。

ここで注意しなければならないのが、衣装の露出度。
お店のコンセプトによっては、かなり露出度が高い服装をしなければならない可能性もあります。
肌を出すのに抵抗がある方は、面接の際に衣装を確認しておきましょう。

ガールズバーで働くメリット・デメリット

次は、ガールズバーで働くことのメリット・デメリットについて解説していきます。
自分はガールズバーの仕事に向いているのか、ほかの業種を選んだ方がいいのか、目的に合わせて適切に業種を選んでいきましょう。

ガールズバーで働くメリット

ナイトワーク初心者でも働きやすい

ガールズバーは、「夜のお仕事に興味はあるけどキャバクラは怖い」という方でもカジュアルに働くことができます。
キャバクラなどと違い、ガールズバーの接客は全てカウンター越し。お客さんと適度な距離を保っているためボディタッチの心配がありません。

また、カウンター内のすぐ近くにほかの女の子がいるため、困ったことがあってもすぐに助けを求めることができますよ。

ノルマもないため、プレッシャーを感じることなく働くことができますよ。

ガールズバーで働くデメリット

ほかのナイトワークよりも時給は低め

ガールズバーは、ほかのナイトワークよりもカジュアルで軽めな仕事内容なので、時給はどうしても低くなってしまいます
とはいえ、バックもありますし、カフェやコンビニなどのお仕事よりは絶対に稼ぐことができますのでご安心ください。

生活リズムが崩れやすい

ガールズバーは夜~深夜にかけて営業しているお店が多いです。
そのため、長時間シフトに入ろうとすると帰りが深夜になってしまったり、フルで入ったら朝帰りになってしまうことも。

生活リズムを崩したくない方にはガールズバーのお仕事はおすすめできません。

ガールズバーのバイトは危ないって本当?

インターネットでガールズバーについて調べていると、ガールズバーのバイトは危ないという情報が出てきます。
ここでは、実際にネット上にあるうわさを紹介し、悪質なお店に騙されないためのコツを紹介します。

ネット上の怪しいうわさ。面接で風俗に誘導される……?

ガールズバーについて調べているときに、こんなうわさを見たことがありませんか?

  • お客様からのストーカー被害にあってしまった
  • 面接に行ったら実際は存在しないお店で、風俗で働かされそうになった

残念ながら、どちらのうわさに関しても「そんなことは無いのでご安心ください」と言い切ることができないのが正直なところです。ですが、良質なお店も求人サイトも、女の子が被害を受けないような取り組みをしています。

次に、お店や求人サイトが取っている対策と、被害にあわないためのコツを紹介します。

悪質なお店に騙されないために

時給が高すぎるお店には応募しない

ガールズバーの時給の相場は、1,500円~3,000円くらいです。露出の多い衣装のお店ではこれよりも時給が高い場合もありますが、あまりにも時給が高すぎる求人には注意しましょう。

信頼できるお店に応募する

1つ前の項目と少し重複する部分もありますが、信頼できるお店を自身できちんと見極めることが大切です。

ちゃんとしたお店では、ストーカー行為を防止するために対策を取っています。

  • 女の子とお客様の連絡先交換は禁止
  • 仕事終わりは自宅や最寄り駅まで車で送迎

求人にこういった内容が記載されているお店は、女の子のことをしっかりと考えている良いお店であると言えます。

逆に、ネット上に情報が無いお店には注意が必要です。
お店や所属する女の子のホームページ、SNSの確認をしたり、お店の評判を確かめたりするのがいいでしょう。

他にも、有名店やそのグループのお店は比較的信頼できるのではないかと思います。

体験入店をしてみる

ナイトワーク業界には、お給料をもらいながら実際の業務を体験できる「体験入店(体入)」というシステムがあります。

求人を見てある程度信頼できそうだと感じたら、体験入店をしてみるのもおすすめです。
楽しみながら、一緒に働くキャストやスタッフ、お客様やお店の雰囲気をチェックしてみてください。

もちろん、体入したからといって絶対にそこに決めなければいけないということはありませんよ!

信頼できる求人サイトを使う

実は、ちゃんとしたお店を見つけるためには、求人サイトの選び方も重要になってきます。

例えば、当サイト「アルバイトナイツ」では、求人を掲載する際に、悪質な行為が無い健全なお店であるということを、運営スタッフが実際にお店に行って確認を取るようにしています。
アルバイトナイツから働き始めた方が悲しい思いをすることがないよう、日々改善を重ねていますので、安心してお使いください!

アルバイトナイツで求人をさがす

北海道でガールズバーの求人をさがす

東京でガールズバーの求人をさがす

愛知でガールズバーの求人をさがす

大阪でガールズバーの求人をさがす

福岡でガールズバーの求人をさがす

その他の地域でガールズバーの求人をさがす

他の求人サイトを使う場合でも、なるべく大手の有名なサイトを利用するのがおすすめですよ。

ガールズバーのお仕事はこんな人におすすめ!

以上、ガールズバーのお仕事を解説してきました。

ガールズバーは「ナイトワークに興味はあるけど、キャバクラはちょっと怖い」という初心者の方におすすめのお仕事です!
キャバクラほど気負わずに、少ない負担で稼ぎたいという方はもちろんのこと、ナイトワークの入り口として、まずはガールズバーで慣れるのもおすすめです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

おまけ:求人探しに役立つガールズバー用語集

キャスト
ガールズバーで働く女の子のこと。キャストのサポートやお店の雑務をこなす従業員は「スタッフ」と呼ばれます。

バック
成績に応じて時給にプラスして支給される歩合給のこと。
お客様が頼んだドリンクの金額の一部がもらえるドリンクバックや、指名でもらえる指名バックなどがある。

体入
体験入店のこと。正式に働き始める前に、お給料を貰いながら実際の業務を体験できるシステムです。
正式に働き始めることを「本入(本入店)」といいます。
もちろん、体入したからといって、絶対にそのお店で働かなければいけなくなることはありません。どんどん利用しちゃいましょう!

送り
仕事が終わって終電がなくなってしまったときに、お店の方が自宅や最寄り駅まで送迎してくれる制度。
終電を気にせず働けるほか、ストーカー防止にも役立ちます。


関連記事


まとめ一覧