北海道

【すすきの】オープン直前の異色ラウンジのオーナーに色々と質問!

10/31 00:00

11月1日にオープンを控えた水産会社直営で新鮮な海産物も楽しめる異色のラウンジ『和風海鮮ラウンジ 水月』。同店の代表の「山本晃弘」さんにお店立ち上げまでの経緯や、お店のコンセプトなど気になる部分を伺ってきました。

プロフィール

室蘭で4代続く水産加工会社の代表を務める「山本晃弘 さん」。去年2月に株式会社 山三を設立し水産の卸・小売り・飲食店業などを営まれています。そして今年の11月に、すすきので自らの得意分野の海産物と女性の接待を楽しめるラウンジ『和風海鮮ラウンジ 水月』をオープンで飲み屋事業にも進出する新進の経営者です。


★和風海鮮ラウンジ 水月の求人情報⇒コチラ
★在籍の女の子たちのブログ⇒コチラ



―母体となっている水産加工会社について伺ってもよろしいですか?

山本:室蘭・胆振管内を主として水産の卸し・小売り・飲食店を運営しております。

―創業されてどれくらいなのですか?

山本:自分で4代目になるのですが記録に残っている限りだと1968年頃からの事業の記録が残っています。ですが、それ以前から船舶に食材を提供したりなどの業務を行ったりしていたらしく、もっと古くからあると思います。

―もの凄く歴史の有る会社なのですね!山本さんが代表になられてからはどれくらいなのですか?

山本:去年の2月から事業を引き継いで株式会社の山三としてスタートさせて代表を務めております。

―飲み屋の事業を始めるきっかけは何でしたか?

山本:水産物と女性が接待するお店、どちらも必ずニーズがあるものを合わせることで更なるニーズを生み出せるのでは思い去年の秋口から動き始めました。

―拠点の室蘭ではなく、ススキノで出店されることを選ばれた理由は何ですか?

山本:集客力の面を考えて人の多い、すすきので出店した方が利益を見込めるかなと思い出店することを決めました。

―いよいよ11月1日にオープンですが出店するにあたって大変だったことはありますか?

山本:コロナの状況と重なったことですね。もっと早く進められたかもしれませんが、あえて焦らず世間の様子を見ながら動きました。結果、宣言明けの良いタイミングでオープン日を持ってこられたと思います。

―改めて、お店のコンセプトを教えてください。

山本:道内の新鮮なお魚と、お酒と、女性の接待を楽しんでいただくお店です。意見で一次会から二次会までを過ごせるお店というのがコンセプトです。

―女の子の制服が、お着物ということですが着付けなど大変ではないですか?

山本:お着物は専用のをレンタルしております。全ては明かせませんが実は、とても気軽に脱ぎ着出来る作りになっているので同伴でお店に入ってから、お客様をそんなに待たせずにお着物に着替えて接客していただくことも可能なんです!

―着付けの大変さが無く着物で接客できるのは女の子にとっても嬉しいでしょうね!女の子への賄いにも海鮮が振舞われると伺ったのですが…(笑)

山本:そうですね!当店ではお客様向けにも牡蠣やウニ、ホンマグロを使用した丼やプレートを提供いたしますので、同様の食材を使った賄いを女の子は食べていただけます!

―羨ましいですね!女の子を採用される際に重視されていることは何ですか?

山本:元気でハキハキしている女の子ですね!あとは新しいお店なので働く女の子達と皆でお店を作っていきたいので協調性を大切に出来る方が望ましいです。

―今後の目標を教えてください。

山本:道内外から評判のお店にして、行く行くは店舗拡大をしたいです!

―最後に、アルバイトナイツを見ている人にメッセージをお願いします。

山本:小さな店舗なので初めての方でもスタートしやすいと思います。当店を次のステップの足掛かりにして成長していって欲しいです。女の子の業界入りのきっかけの窓口になれたらと思っているので是非、気軽にお問い合わせください!

―ありがとうございました!

和風海鮮ラウンジ 水月のブログはこちらから!

 11月1日新規オープン!! 水産会社運営の海産物も提供する和装スタイルの異色ラウンジ
水産会社直営の今までにないラウンジが11月1日に新規オープン!
それに伴い当店で働いてくださるオープニングキャストを大募集です!!
水産会社が運営する“和風海鮮ラウンジ”ということで新鮮な海産物の提供と和装のホステスによる接客を楽しんでいただくラウンジとなります。

さんが働く「和風海鮮ラウンジ 水月」の求人情報を確認する

店舗名
和風海鮮ラウンジ 水月
業種
ラウンジ
住所
北海道札幌市中央区南4条西3丁目 第3グリーンビル7F

求人情報はこちらから

▼ このお店に応募する ▼


関連記事


まとめ一覧