北海道

【すすきの】グループ殿堂入りの超人気嬢のこれまでとこれからを取材!

10/29 00:00

「シャチグループ」が誇る超有名老舗ニュークラブ『赤門倶楽部』。同店の人気有名キャスト「赤倉はるか」さんに入店の経緯や、お店のこと、今後の展望などのお話しをインタビューしました。

プロフィール

赤倉はるか 25

学校を卒業後に赤門倶楽部でホステスデビューをし7年。今や同店を代表するキャストの一人として活躍中の「赤倉はるか」さん。お店での地位を確立した彼女の今後の動向が気になります。


★赤門倶楽部の求人情報⇒コチラ
★在籍の女の子たちのブログ⇒コチラ



―ホステスになられての業界歴はどれくらいですか?

はるか:7年です。

―赤門倶楽部に入店されてどれくらいですか?

はるか:初めて働いたお店が赤門なので7年ですね。

―初めてホステスになられてからずっと赤門倶楽部に在籍されているのですね!赤門への入店のきっかけを教えてください。

はるか:4件くらい体験入していた中で最後に行ったのが赤門で。その時にいた先輩ホステスが凄く優しかったのと一番時給が高かったので入店しました(笑)

―お店によって先輩ホステスの様子は違ったりしましたか?

はるか:当時見て回った他の店の先輩ホステスは、お客様の前では優しいのですがお客様がいなくなった瞬間、完全無視みたいなこともありましたね(笑)その点、赤門の女の子は裏表なく皆、優しい人達でした。

―今もお店は、そういった雰囲気なのですか?

はるか:そうですね。今でも皆、裏表なくアットホームな雰囲気ですよ。自分が先輩に優しくして貰ったように今は自分が後輩キャストに話しかけたり、絡みに行っています(笑)

―はるかさん自身についてお聞きしたいのですが、ホステスになる前は何をされていましたか?

はるか:服屋の販売店員のバイトをしていました。

―どのようにしてデビューされたのですか?元々、興味などはあったのですか?

はるか:全く興味無かったのですが学校を卒業してどうしようかなと思った時に友達に紹介されてやってみよっかなって感じでした。

―不安などはありませんでしたか?

はるか:赤門のお姉さんや黒服の人達が優しかったので楽しく始められました。

―全く興味が無い所からスタートして7年ですがホステスのお仕事が楽しいと思える瞬間ってどんな時ですか?

はるか:指名が被った時とか売り上げがどんどん上がっていった時ですね。あと、普段から、ヘアメに行って化粧をして、ドレスを着て席について接客をする。この一連の流れが「ホステスしてる~!」ってなって楽しいです。

―ホステスという仕事が大好きで楽しんでおられるのですね!

はるか:そうですね。あと普段は出会えないような色々な人と出会えるのも楽しいです。20代そこそこの娘が、ステータスの有る大人の男性と交流できることなんて、そうそう無いと思うので。

―今までで一番稼いだ時、どれくらい貰えましたか?

はるか:具体的には秘密ですがバースデー月間の売上は毎年、歴代の売上を更新しています。ただ、去年ので大きなバースデーイベントはラストにしています。

―去年のをラストにされたのは何故ですか?

はるか:新しい子達に活躍してもらいたいなというのもあって。殿堂入りにしてもらいました。

―貰ったお給料で贅沢したことなど何かありますか?

はるか:ママにレクサスを買わされました(笑)

―さすがですね。スケールが…(笑)今後やってみたいことや目標はありますか?

はるか:私が前に出ていくのではなくて今後は赤門を裏からプロデュースしてみたいなと思っています。皆から「赤門すごい!」と言われるようなお店になったらなと。そのために女の子の育成などに携わりたいなと思っています。

―最後にアルバイトナイツを見ている女の子たちにメッセージをお願いします。

はるか:想像よりも凄く楽しい世界を知ることが出来て私はホステスを始めたことを後悔していません。何か悩んでいて踏み出せないでいる人も是非、挑戦してみて欲しいです!

―ありがとうございました!

赤倉はるかさんのブログはこちらから!

店内の広さとキャスト在籍数はシャチグループNo.1
赤門倶楽部は「ホステスっぽくない」「年齢層が幅広い」「個性を大事に」をコンセプトにしています。店内の広さとキャスト在籍数はシャチグループNo.1です!
長年安定した経営を行っている大手グループでしかできない厚待遇・好条件をご用意しております。

赤倉はるかさんが働く「赤門倶楽部」の求人情報を確認する

店舗名
赤門倶楽部
業種
ニュークラブ
住所
札幌市中央区南5条西2丁目 オークラビル7F

求人情報はこちらから

▼ このお店に応募する ▼


関連記事


まとめ一覧